FC2ブログ
みんなのFX口コミ
2018-10-28 (Sun)
2018年、1回も更新してない事に今更ながら気づきました。

2014年5月に強直性脊椎炎(AS)の診断が下りてから、早4年。
強直性脊椎炎の症状は改善も大きな悪化もなく、相変わらずな日々です。
あちこち痛くて連続稼働は不可能というのが基本で、ちょっとラクかな?という
状態が数時間続く…事もある かな?ぐらい。
体を起こしていられる時間を使って細々と在宅の仕事(PCで受ける内職的なもの)を続けています。
下請け作業なので理不尽だなと思う事は多々あり報酬も微々たるものですが、
他にできる事がない現状 背に腹は代えられません。
娘は早いもので高校受験を控える年になりましたし、やれる事を頑張らねば。

そんなワタクシが痛みのコントロールとしてメインで使っているのは
使用を検討している方のお役に立てばと思い、私個人の仕様状況について書いてみます。

薄いシップのような肌色の四角いテープに紺色でロゴ等が入っているものを、
前胸部や背中の上部、上腕の外側や側胸部に決められた容量貼って7日後に
張り替える というものです。
容量は5mg/10mg/20mgとありますが、私が処方して頂いているのは20mg。
本当は20mgをそのままの形で貼って使いたいところなのですが・・・
諸般の事情により医師の指示の元、異なる使い方をしています。





→ 【続きを読む】
スポンサーサイト



| AS治療の通院記 |
2017-01-01 (Sun)
「今年もゆるりとマイペースで頑張ります」などと書いて幕を開けた2016年。
ゆるりどころか、全く更新できないままにあっという間に1年が過ぎ去り、
年が明けちゃいました(;´・ω・) 

昨年ご訪問下さった皆様、ホントにありがとうございました。
目新しい事をサッパリ書けずに放置してしまい、心苦しい限りですが・・・
今年・2017年もきっと・・・こんなペースです。がんばります。

一昨年(2015年)の夏の終わりあたりから、生活にハリをという目的+金銭面の
不安をほんのちょっとでも解消したいという想いから、在宅の仕事(PCで
受ける内職的なもの)を始めました。幸いいいクライアント様に恵まれて
継続して仕事を頂くことができ、少しずつ少しずつ請け負う内容が増えたり、
仕事の範囲が広がっていくうちに、まぁホントに余裕が全くなくなりまして。
投薬治療も結構変更が多かったり、体の調子もあちこち相変わらずだったので、
「どうにかPCに向かえそうな体調」の時間を細切れで使って依頼をこなす日々でした。
・・・と言い訳なんかしつつ・・・。
正直なところ、時間的な「書けなかった」+「書こうと思えなかった」というのも
結構大きいです。自分が受けている治療や投薬に疑問を感じている時間が
とても長かったので、自分の中で納得できてない・消化できてないままで、
気持ちを持て余したまま感情に任せて書くのが嫌だったのだと思います。
でもまぁ、その混沌感も事実として記録として残してもいいかな~という気に
ようやくなってきたので、今年の通院&治療歴をざざっと振り返ってみます!

=========

まずは、ですね…一昨年にさかのぼりますが、2015年の9月~2016年の
3月終わりぐらいまでの半年感ほど、メンタルクリニックに通ってました。

ASに対する色んな治療に対してどうにも反応がなくて痛みが相変わらずなので、
主治医が「痛みの原因にメンタル要因があるのでは?」と言い出したためです。
でも、何かをしようという気力や誰かの役に立ちたいという思いは人並みに
あって、ご飯もおいしく食べられて、痛みで眠れない日がちょいちょいあっても
深く落ち込むことはなく、急に落ち込んだり気分が荒れたり等もないし、
日々笑う事もできてるのに、メンタル要因??という疑問はありました。
メンタルの問題と一口に言っても一概には言えないのでしょうが、本人
(ワタシ)と家族からすると、ずいぶん前のうつと言われて治療していた
あの頃の精神状態とは全然違っていたので、「メンタル要因の痛み」と
言われても全然ピンと来てなかったわけです。
なので、患者本人としては全力で否定したかったのですが(実際、それは
ちょっと…どうなんでしょうかと抵抗もしましたが)、それ以外のASや痛みに
対する治療をしていただける気配が一向になく、他に診てくれそうなあてが
あるわけでもないため、ホントにもう渋々という感じでした。
何もしないでぼーっとしてる訳にはいかないので。
ずいぶん前ですが、離婚もろもろで苦しんだ時に反応性のうつ病と診断されて
治療していた事実もあるので、自分の「違う」という気持ちに確固たる自信が
なかったというのも大きな理由です。で、反応性のうつ症状でお世話になってた
メンタルクリニックに紹介状持参で通い始め、???ながらも通院し、
数ヶ月投薬治療を試みました。
(このあたりの細かい部分は、後日書けたらと思います。)
サインバルタやらパキシルやら色々試したものの、副作用ばかりひどくて
まともに起きてる生活はほぼできず、気持ちも結構凹みました。
・・・で、痛みの変化は全くなし(´;ω;`)

その後、アプローチが違うっぽい別のメンタルクリニックにもかかり、引き続き
投薬中心でドグマチール・トリプタノールあたりにチャレンジするも、やはり
痛みの変化はなく副作用ばかりに苦しみ・・・の負のループにはまりまして。
3月には「心理検査」なるものを受けましたが、その結果&今までの問診での
やりとりを踏まえて言われたのが、「メンタル要因の痛みとは言い切れない」。

こうなるともう、痛みの原因がわからず終いで落ち込むよりも、「そうだよね?
やっぱり違うよね?」みたいな感じです。でも問題は何も解決してない。

で・・・、今後の痛みの治療をどうしようかと途方に暮れてたところ、
そちらのメンタルクリニックの先生から線維筋痛症などの原因不明の痛みに
詳しいメンタルの先生がいると教えて頂けまして。
(なんか急に線維筋痛症!?とは思ったのですが、それ以外にあてもなく。)
この辺の事もそのうち詳しく書きたいと思ってますが、ひとまず割愛して・・・
6月の下旬あたりからその紹介先のクリニックに転院する運びとなりまして、
だいたい月1で通っています。通院大変です。待ち時間めちゃくちゃ長いです。
でも・・・ほかに診てくれそうなとこがないので、仕方ないんですよね。

ここまででだいたい1年の半分ですかね。ふー長い。後半戦に続きます。

→ 【続きを読む】
| AS治療の通院記 |